よくある質問

床下・小屋裏用 撹拌・送風・換気システム

うちはベタ基礎だから、床下の湿気は問題ないのでは?
ベタ基礎の床下は、構造的に土壌・地面から発散する水蒸気の影響を受けづらいですが、実際には結露やカビの発生といった湿害発生の報告が後を絶ちません。これは夏場に床下が地盤の影響により低温化し、相対湿度が非常に高くなるためです。
また基礎断熱の床下においても、新築時のコンクリートから発生する養生水分や侵入した生活水蒸気の影響で、環境が悪化するケースが多く報告されています。
床下用換気システムは、何台必要なのですか?
床下用の換気システムには、排気型、撹拌型、撹拌換気型などの種類があり、それぞれ適用面積の目安が異なります。また床下の形状、構造、湿害状況などによっても最適な設置場所と台数は変わりますので、販売店に詳しく問い合わせていただくか、当社の邸別床下換気設計サービス「ミスターチョイス」をお申込みください。最適な換気機器の設置場所と設置台数を、床下換気計画書と機器配置図でご提案いたします(必ず販売店経由でお申込みください)。 【参考】 設置台数の目安: 排気型床下換気扇=20坪に3台、撹拌送風機=10坪に1台。立地条件や建築構造によって異なります。
床下用撹拌・換気システムは、たった1台で20坪の床下に適用できるそうですが、なぜですか?
当社の撹拌・換気システムは、従来の大量設置+大風量主義の考え方から決別し、研究機関との床下環境調査に基づき、もっとも効率の良い換気方法を追求して開発されました。この製品は、もっとも高湿環境となる床下中央部へ設置し、周囲を撹拌送風しながら、高湿空気を直接ダクト排気します。同時に外気を基礎全周から床下へ導入しますので、非常に効率よく床下の環境改善をおこなえます。詳しくは床下換気.comをご覧ください。
うちは基礎パッキン工法の床下なので、機械換気システムは不要ではないですか?
基礎通気パッキン(ネコ土台)は基礎全周の換気が図られ、従来の一般的な基礎換気口と比べて、特に基礎四隅の通気性が改善されました。しかし日本建築学会の発表資料にもあるように、基礎パッキンによる自然換気作用は、基礎の外周付近に限定される場合が多く、また住宅密集地や塀など、建物の立地条件によっても、床下中央部の低温高湿環境を十分改善できないケースが多々見受けられます。基礎パッキンの床下の中央部へ撹拌・換気システムを設置すると、機械換気+自然換気の効果的な通風換気が可能となりますので、ぜひ床下用撹拌・換気システムの導入をご検討ください。
リフォーム会社から、床下換気扇の取付を勧められています。一般的な値段を教えてもらえますか?
当社の床下換気製品は、標準価格付きのものと、オープン価格のものがございます。標準価格付きのものでも、取付工事を含む販売価格は、販売店が決定しておりますので、できれば数社からお見積りをとり、比較検討されることをお勧めいたします。
【参考】 既築住宅における設置工事費込みでの一般的な市勢価格: 床下換気扇×3台=12~15万円前後、撹拌送風機×1台=5~7万円前後(当社調べ)。なお、前記はあくまで一般的な参考価格であり、工事の難易度、製品保証と工事保証、工事期間や交通費等によって増減します。

ハンターシーリングファン

アメリカ国内で販売されているものと、国内のハンターシーリングファンは違うのですか?
日本国内では正規輸入・発売元の当社が、アメリカから製品を輸入後、国内の関連法規と技術基準に合致するよう、必要な改造と検査をおこない販売しております(これらは法で規定されているものです。またハンター社から必要な技術情報等の提供を受けております)。
そのため外観はアメリカで販売されているものと同じですが、内部は日本の環境に対応し、100V(50/60Hz)で使用するための各種改造が施されております。
ハンターシーリングファンにリモコン(電波式)は付属していますか?
アメリカ国内ではオプションのハンター用電波式リモコンが販売されていますが、日本国内では電波法上の違法電波となるため、リモコンの取り扱いはしておりません。配線式の壁付コントローラをご用意しておりますのでご利用ください。
(違法電波は使用者が罰せられます。シーリングファンと一緒に、違法電波のリモコンを販売する業者が見受けられますので、くれぐれもご注意ください)
個人輸入したハンターのシーリングファンが故障しました。修理は可能ですか?
当社ではハンター社との技術提携に基づき、当社が責任を持って国内関連法規に準拠させた製品のみを取り扱っております。お客様が個人で輸入された製品については、仕様の詳細が不明となるため、当社での修理はお受けできません。ハンター社のメーカー保証は、アメリカ国内で使用される製品にのみに限定されており、日本を含む世界各国では、正規代理店(輸入元)が製品保証をお付けしております。ぜひ当社が取り扱う正規品をお買い求めください。
なお、並行輸入されたハンター製品において、不良動作や漏電などによる問題が発生し、当社にも多くのご相談が寄せられております。多くの場合、並行輸入業者は保証責任を一切負いませんので、厳重な注意が必要です。
PSEマークのないハンターシーリングファンを使っています。問題はありますか?
日本国内では電気用品安全法の規定により、2001年の法制定以降、PSEマークのない電気製品の販売・展示は禁止されています。シーリングファンを含むPSEマークのない電気製品は、違法販売品である恐れがあり、国内の電気用品の技術基準に合致していない可能性が高いため、継続してのご使用は大変危険です。
ハンターシーリングファンは1台で何㎡の広さまで適用できるのですか?
1台で10~30㎡の広さに適用できますが、羽根のサイズ等により、適用面積の目安は変わります。詳しくはカタログの記載をご確認ください。ただ、適用面積は目安ですので、インテリアイメージやお客様の好みにより、柔軟にお考えいただいて差し支えのないものです。
また厳密には家具などの配置により、送風効率が変化する場合もあります。建物の図面による検討も承りますので、必要な場合は当社までお問い合わせください。

APS住宅点検・メンテナンスサービス

住宅点検・メンテナンスサービスを新たに依頼することはできますか?
はい、当社担当者がお伺いし、サービスの内容や料金等について、くわしくご要望をお聞きした上で、可能な限りご要望に沿ったご提案をさせていただきます。なお一部、対応のできないエリアや作業内容等もございます。

浴室換気乾燥暖房機

浴室換気乾燥暖房機が故障しました。生産終了のようですが、修理を依頼できますか?
はい、当社では過去に生産・販売した製品の修理を受け付けております。修理は、本ウェブサイトの浴室換気乾燥暖房機メンテナンス情報のページから、ご依頼いただけます。 なお、生産終了後6年以上経過した製品については、補修用部品の一部が欠品しており、修理のできない場合がございます。その場合は、製品一式のお取替え工事をご案内させていただきますので、ご了承ください。