うちはベタ基礎だから、床下の湿気は問題ないのでは?

ベタ基礎の床下は、構造的に土壌・地面から発散する水蒸気の影響を受けづらいですが、実際には結露やカビの発生といった湿害発生の報告が後を絶ちません。これは夏場に床下が地盤の影響により低温化し、相対湿度が非常に高くなるためです。
また基礎断熱の床下においても、新築時のコンクリートから発生する養生水分や侵入した生活水蒸気の影響で、環境が悪化するケースが多く報告されています。